Top >  円形脱毛症と病院とフロジン液 >  円形脱毛症と小さな皮膚科(2)

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

円形脱毛症と小さな皮膚科(2)

なぜその小さな皮膚科の医師は、頭に注射を打つことをためらったのか、私にはその理由が全くわかりませんでした。
注射で10円ハゲが治るんだったら、どんなことでも我慢できる、そういう思いは円形脱毛症のほとんどの人が思うことだと思います。
円形脱毛症で死ぬほど悩んでいる者にしたら、多少痛くても、血が出ても、それで治るなら・・・という思いがあるからです。
ましてや患者が痛いだけであって、注射を打つ医師本人が痛いわけではないのですから、気にせず打っていただきたいと思ってしまいました。
しかし、その時「良いから注射をしてください」と円形脱毛症を患って、心身ともに疲れていた私には、その言葉を言う気力さえなかったのです。
結局、その診察が終わり、処方されたものが軟膏でした。とうぜん、私が欲しかったフロジン液は貰えず、効果があるのか無いのかわからない軟膏をもらっても、全くうれしい思いはありませんでした。
この小さな皮膚科に行ってみてわかったことは、やはり円形脱毛症患者の気持ちは、円形脱毛症患者しかわからない、ということです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 円形脱毛症と小さな皮膚科(1)  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症と小さな皮膚科の軟膏(1)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症 -治療体験記-」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。